逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

自己嫌悪で死にそうになっている。

「自殺はいけませんよ」とか「たった一人のあなたです」とか、そういう綺麗な言葉を見るたびに、根拠は何だろう、だからどうだと言うのだろう、という思考に襲われる。

 

消えろ、いなくなれ、邪魔、迷惑、といった視線にさらされ続けて来た身からすると、死にたい、というよりも、生きていることが許されない、という認識が大きいのだ。

 

倫理的な問題で言えばもちろん不適切な問題だが、現実的に、「たった一人のあなた」が死なないことによるメリット、死ぬことによるデメリット、そしてそれが、「たった一人のあなた」が死ぬことによるメリット、生きていることによるデメリットを上回るという説明をして欲しい。