逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

暴力表現ばかりにさらされると暴力的になる危険性はあるけれど、ハーレムものを読んでもモテない。

よくよく考えたら あ た り ま え だ……!

 

暴力表現が肯定的に描かれる作品を読んで登場人物に感情移入、影響を受けた場合、暴力的になる危険性は高いと思う。

実際、暴力的な言葉にさらされ続けると自分の精神の中での言葉遣いが悪くなったり、いらいらした時に過激な思想を抱くことがある。これはこれで、嫌な気分を自分が悪い、自分がこらえなければ、と抱え込みやすい人にとっては良薬にもなり得ることだ。

 

笑い話として、徹夜でゲームをしていた大学生が、寝ぼけながら学校に向かう途中で「金がないけど途中でモンスターを狩っていけば~…」なんて無意識に考えてしまい、はっと我に返って家に帰って寝た、なんていう話を読んだこともある。

 

ハーレムものの場合、感情移入して影響を受ける先はおそらく主人公だ。

ハーレムものの定番といえば、主人公はニヒルで斜に構えてて、どちらかというとスケベだったり、周りに集う女の子たちにそっけなくしつつ、嫌々ながらも好かれてまとわりつかれて……

ということは、その影響を受けた人物は、ニヒルで斜に構えてて、スケベだったり、女の子たちにそっけなくしたり……って、 モ テ ね ぇ わ !!

 

ああいうものの主人公は大体が実際いたらモテるわけないだろ、っていう性格なのに謎のフェロモンでモテていたり、あるいは没社会レベルの性格でも特殊能力があって活躍することでモテていたり、するから。

 

女の子にモテるかどうか、という部分に関しては他人の感情に起因するものなので、本人が影響を受けているかどうかによって変えられる部分じゃないよね。徹夜でゲームしてたところで街中にお金を落とすモンスターが現れないのと同じように。

 

というか、そういう風に考えて見ると……

 

案外ハーレムものの主人公みたいな性格になってる部分、あるんじゃないかな……