読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

「男はエロい」という画一的価値観が男性を苦しめるのかもしれない

考えること

ツイッターで偶然、男性の性被害者の方のツイートを拝見することが出来ました。男性の性被害者の方は声を上げることが難しく、支援も著しく少ない、という問題を見ることができました。

そうそう、男性は加害者になるパターンが多いので、被害者になった際の救援が少ない、という点が、男女の軋轢による男性側の問題としてとても問題なんだろうな、と思っています。

 

で、何故男性の性被害に手が差し伸べられないのかということを考えて、「男はエロい」という画一的な価値観が問題なのではないかと思いました。

これは、実際にエロく不純な行為(痴漢や強姦)をする為に「男はエロいものなんだから仕方がないんだ」という言い訳として使われることの多い価値観だと思う。

そして、それを「エロいんだから仕方がない」と言う層と、性被害にあって苦しむ層は同じではないし、立場の強弱、人数比、といった点から、この疑問点は封殺される。

 

男だから、女だから、という言い回しは好きじゃない。

何かこう、気持ちの悪い空気の塊を無理やり飲み込まされるような感覚だ。

だが、そうして世間一般て当然とされる価値観をどんどん手放していくと、自己の価値観が、慣用句が、失われてしまう。発することが難しくなる。考えることが難しくなる。

考えるにあたって「当然の基盤」として省略出来る箇所がなくなってしまう。

 

だから差別的価値観はなくならないのだろう。