逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

いじめる側にも理由がある、という視点はどうだろう

いじめられる側にも原因がある。

という言葉はよく耳にするが、”いじめる側の理由”についてはあまり議論されていないような気がする。

 

いじめられる側の原因と同じ意味に見えるかもしれないが、微妙に違う。

 

例えば、原因が 顔 であるとか 最近問題になった 原発 に関連するものだった場合、それは”いじめられる理由”ではあるかもしれないけれど、”いじめる側の理由”ではないのでは。

 

いじめられる側の原因について話すときは、「○○なところが原因なのだから、□□というように改善すれば良いのではないか」という話になるのに、

 

いじめる側の話になると、「○○が悪い」「いや、責任は○○にある」「いじめは悪いんだから完全悪だ。」「こういう罰則が必要だろう」というだけの話で終わってしまう。

 

「○○が悪い」「だから罰則をされて当然だ」

その考え方は、そもそも

「顔が悪い」「だからいじめをされて当然だ」

という考え方と同じなのではないだろうか。

 

というのも、いじめの首謀者が、反転していじめられる対象になる、

という話をいくつか知っているというのもある。

彼らがいじめられる原因は、

 

「いじめの首謀者だったから」

 

いじめられる原因によってはいじめを受けても当然なのだろうか?

 

そもそも、なぜいじめるのか?いじめをしても良いと思っているのか?何故いじめてもいいと思ってしまうのだろう。いじめが悪いことだという認識ならば、何故悪いことなのにしてしまうのか。そもそも、何故いじめたいと思うのか。いじめが楽しいと感じる理由とは?どうすれば改善されるのか。

 

そもそも、いじめることを楽しいと感じてしまっている時点で、何かが歪んでいると感じる。何故歪んでいるのか。

 

良い、悪い、で話を終わらせてしまっては、何一つ解決しないのだ。

 

「何故?」「じゃあどうすればいい?」と、延々聞かれ続けるのは結構苦痛だ。だから、良い悪いで話を終わらせたいのだろう。

 

聞き続けるのも苦痛だ。聞くということは同時に自らに問うことになる。

 

疲れる。

自分に直接関係のない話であればなおのこと。

どんな小さなことにも目を配り続けることはできない。

 

できなくていいと思う。

考えが足りないことを、知らないことを、許されてもいいと思う。

 

ただ、できる時には少し考えて、担当する人はそれを考えて、

少しずつでも、身近なところだけでも、みんなが幸せで

いられるということを考えられれば良いと思う。

 

それができれば素敵だと思う。