読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

”弱者男性”のことなんか考えなくていい

こちらの記事を読みました。

弱者男性とフェミニズム

弱者男性とフェミニズム - shibacowのブログ

 

記事の中でたくさんの図解がされており、大変わかりやすく興味深くまとめていらっしゃったのですが、主張の内容に関しては思うところがあったので、私も例に倣って図解をさせていただきたいと思います。

 

取り上げられている問題は、「フェミニストは”女性の地位向上”をうたっているが、すでに”地位の高い女性”は”地位の低い男性”と比べて高い地位を持っている。この上でさらに”地位の高い女性女性の地位向上”ばかりをうたうのは、”地位の低い男性”を無視しているのではないか。平等を掲げていたはずが、不平等になっているのではないか。」というお話のようなのです。

 

図解が面白かったので引用します。

 

女性の地位向上と男性の地位下落 昔、女性の地位が低く、また男性であれば高い地位が保証されていた時代があった。 図示すればこんな感じ。 f:id:shibacow:20150524152405p:plain 女性の地位は低く、男性は正社員として雇用され比較的近い集団だった*1。

弱者男性とフェミニズム - shibacowのブログ

 

 

いわゆる「男女差別」が激しかった時代。

 

 

しかし、女性運動の進展とその後の低成長、デフレ経済、不正規雇用の拡大によって次のように変化した。 f:id:shibacow:20150524153943p:plain つまり、女性の地位が向上し、逆に非正規雇用や長期の不況のより正社員になれず身分の不安定な男性が多くなった。 この変化がフェミニズムででは見過ごされ、男性や女性は一枚岩であるというところで認識が止まっている。

弱者男性とフェミニズム - shibacowのブログ

 

確かに、「女性であれば無条件で弱者」とは言えなくなりました。

と言っても、あらゆる運動によって手に入れたものであり、まだ「男性強者」よりも「女性強者」の立場が弱く、「男性弱者」よりも「女性弱者」が弱い状況であると言えます。

 

自分たちが使ったロジックに自分がさらされる。 次に、何故弱者男性は、フェミニストに窮状を訴えるのか?を考えていこう。多くの人が指摘するようにそこには具体的な要求は少ない。彼らは何を言わんとしているのか? 女性運動を図示するとこのようになる。 f:id:shibacow:20150525030508p:plain 女性は(公正を元に)要求を出し、強者男性は、渋々それに応じてきた*4 そして同じ構図で、強者女性に向けて、弱者男性が窮状を訴えた。 f:id:shibacow:20150525030515p:plain 上の図と、同じ構図だが、プレイヤーは入れ替わっている。強者男性の位置に、強者女性がおり、女性の位置に弱者男性が居る。 弱者男性は、昔女性がしたように訴えたが、返ってきたのは、無視か甘えるなという言葉だけだった。 弱者男性に具体的な要求は無いと書いた。彼らはむしろ、むしろある疑いを晴らそうとしているのだ。女性たちの訴えは「公正」を巡るものなのか?そうでなく「自分たちの都合」だけのことなのか?「公正」なら何故自分たちは応答しないのか?「自分たちの都合」ならむしろ強者男性が彼女たちに応答する意味は無くなる。

弱者男性とフェミニズム - shibacowのブログ

 

うーん……この点にはやはり異論があります。

まず、「男性公正を求めていないので、公正を求めている女性こそが公正弱者を救うべき」という論点のようなのですが……

男性公正ではない。

公正ではないことを受け入れているからだ。

だから男性強者公正さを求めることはしない。

と言い切ってしまっている時点で、公正さを求める立場を自ら降りているのでは。

ですが、差別是正を求める主張は、常に逆差別化の危険を孕んでいると思うので、そこは自省して律していく必要があるという部分には大いに頷かせていただきます。

深淵を覗く者は、自分もまた深淵に覗かれているのだ、とかなんとか。

ただ、ここは今回の論点ではありません。

 

今回の論点はタイトルの通り、

弱者男性”のことなんか考えなくていい。

という主張についてです。

 

ここから、私の意見を図解していきたいと思います。

色分けは、上から(赤い方から)「強者男性or強者女性」「弱者男性or弱者女性」(青い方へ順にカーストが下がっていく)として分類しています。

平凡な地位=基準点、としています。多々ある論議において、基準点がぶれているが為に話の方向性がずれていっている、と感じたために付けましたが、基準点の位置についてはあまりこだわっていません。

 

f:id:kanikaniusagi:20161012091601p:plain

引用元と被る部分もありますが、まずは差別の激しかった時代について。

女性男性よりも総じて低い地位に置かれていたため、強者女性はどんなに優秀であっても基準点以下の扱いをされていました。

一方で、女性にリソースを割いていないことから、弱者男性にとっては、たとえ弱者であったとしても基準点以上の地位が確約されていた時代、であるとも言えます。

そこから、反差別運動などにより、格差は埋まってきています。

f:id:kanikaniusagi:20161012092921p:plain

この図の通り、女性全体の地位が向上し、強者女性に至っては平均的男性よりも上の地位を獲得している部分もあります。

ところが、女性にリソースを奪われたため、男性全体の地位は相対的に下降し、弱者男性に至っては基準点を下回る地位に貶められてしまったと言える現状です。

 

男女差別撤廃の成功目標は以下の図であるのではないでしょうか。

f:id:kanikaniusagi:20161012093424p:plain

男性強者女性強者男性弱者女性弱者(ここでの強者弱者は、能力のを示す)が双方格差なく平等に評価され、男性弱者女性弱者共にその地位が基準点を上回っていること。

それを踏まえた上でもう一度先ほどの図を開きます。

f:id:kanikaniusagi:20161012092921p:plain

この図には、2つの大きな問題点があります。

1つ目は、全体的な塊で見れば、の評価はまだ男性優位になっているということ。

(男性強者の方が女性強者よりも上の地位にあるということ、と言って差し支えありません。下の地位の関係性に関しては諸説あるので。)

2つ目は、共に基準点を下回る地位が存在しているということ。

 

2つ目の問題に関しては、実は格差の問題とは別の問題であり、

f:id:kanikaniusagi:20161012094651p:plain

強者弱者の格差問題であると言った方が良いと思います。

※この場合の強者弱者は、能力のに限りません。

この場合、問題があるのは男性にも女性にも、地位が基準点を下回っている人がいるということ。

ですから、この問題における正しい区切り方は、

f:id:kanikaniusagi:20161012094759p:plain

こうではないでしょうか。

基準点を下回っているという共通の問題を、あえて弱者男性強者女性、と区切る必要はあるのでしょうか。

 

そこで、もう一度言います。

弱者男性”のことなんか考えなくていい。

 

問題は””問題と”弱者強者”問題であり、

 

弱者男性”と”強者女性”で比較するのはねじれ現象が発生している。

 

 

男女問題と上下問題は分解して考えるべきではないかというのが今回の私の結論です。

 

以下はただの独り言のような内容です。

 

もちろん、弱者男性と弱者女性の間で逆差別が発生している場合、それは問題にするべきだとは思いますが、これは女性全体の地位向上とは別の問題で、単に逆差別だけを批判するべきだと思います。

男性側の被差別については確かに実態があまり表になっていないので、知ることが出来れば何か違う視点があるのかもしれないのですが……なんというか、女性軽視や性的な罵倒のない文面で、かつ、印象論だけではなく実例を元に語っている方が見たいです。

男性差別に関しては「男なんだからぐちぐち言うな」などの「強者であれという重圧」が大きな問題点なのだと思うので、だからこそ「強者としての立場」を守らざるを得ない部分で主張が難しいのではないかと思うのですが。

あるいは、自分自身が女性であるが為に「そんなことはない」と片付けてしまっているのか?

とすれば、そこを解析していけば「差別者の精神」を分析することが出来るのか。

これはじっくりと考えていく必要がありそうです。

とりあえず、男性差別の主張では性的な罵倒語を並べるのはやめていただきたい……

 

最後に言うのは卑怯だとも思いますが、私自身は現状「さほど違和感を感じていない」部分が大きいです。夫婦の姓が同じとか、お嫁に行く制度だとか、自分に縁がないことだから、という部分もあると思いますが、正直に言うと制度を何もかも是正するのは面倒くさいな、というか。あんまり関係ないな、というか。

ですが、逆に、夫婦別姓でもいいんじゃないの?とか、婿だっていいんじゃないの?とか、家に入らなくってもよくない???とかも思うというか。

 

現状は現状なので慣れてしまっていますが、現状が変わって戸惑って面倒くさくても、変わってしばらく経てば慣れて「昔より今の方が良いね」ってなるのではないかな、というのも思います。

 

現実よりもフィクションの方が好きです。現実の問題を考えるうえで、フィクションへの影響を考える、ということが多いです。

 

大した主張のない人間です。なので、強い意見を求められてしまえば困りますが、「違和感を感じたこと」を考えるのは好きです。