逃亡日誌

毒家庭からいきなり逃げ出しブラック企業も退職して人生目途が立たないわたしの逃走日記。

生きたいです。未だかつてなく。

生きたいです。「死にたくない」じゃなくて、生きたいです。

生きれるだろうか。

 

毒家庭育ちで、おそらく小学校に上がる前から、自殺を考えていた。

大人になってはいけないと思っていた。

度胸も根性もなかったから結局のうのうと生きてきたけれど。

 

いつだろうな。自分が死ぬ夢を見て、死ぬのが恐ろしくなって。

 

死ぬなんて馬鹿だ、死ぬくらいなら何でもやったらいいんだ、

なんて、ありきたりな思想に縋って強くなった気でいた時代もある。

 

それこそ、小学校高学年~中学生ぐらいか。中二病というやつだ。

 

だが、それも終わり、どうでもよくなった。

ただ、死ぬのが怖くて生きていた。

 

思い切って死んだ方が良い選択だろうとずっと思っていた。

 

実際に、服薬自殺を試みた高校生の時。

あれも、途中で理性が戻ってしまって、怖くなって、自分で助けを求めて病院に行ってしまった。鼻から管を通されて胃を洗浄した。苦しかった。恥ずかしかった。

翌日には身体がちっとも動かなかった。

 

最近になってくると、首吊りを上手にやれば苦しくないらしい、などという知識を得て、苦しくない首吊りを模索したりなどした。まだ実家にいた頃だ。バレるわけにはいかなかったし、金もかけられなかったので、とりあえず、ビニールテープをこよって強度を作り、椅子のひじ掛けにひっかけて、いつでも疑似首吊りが出来るようにしておいた。

心が苦しくてたまらなくなった時は、そこでしばらく首吊りをして、苦しさに耐えかねては泣きながら、死ねない情けなさを感じながら平静を保った。

 

実家を出て、最近。

会社が嫌だった。

辛くて、辛くて、会社のビルの階段を駆け上がって、そこから飛び降りてやろうかと何度も思った。というか、思っている。

 

だが、今はお盆休みだ。

そして、もうすぐ退職するという話が決まっているのだ。

 

生きたい。

 

未だかつてなく、生きたい。

気力とか、バイタリティとかはない。

でも、自分にしか責任がない今、「死にたくない」ではなくて、生きたい。気がする。わからないけれど。だから、生きるために、死を思う。

 

嫌な環境で生きるのは、死にたくなるから、生きれない。死にたくなっても、「死にたくない」なら、耐え忍んで生きればいいけれど、生きたいのだから、死にたくなっていては駄目なんだ。

 

生きたいけれど生きれなくて死ぬ。

 

それは案外自然の摂理じゃないか?

 

私は私だ。立っている。いや、今現在は座ってPCの前にいるのだがこれは比喩として。

 

ああ、生きたい。

だから、死んでもいい。

 

きっと。

 

もう、血縁者の目を気にする必要なんかないんだ。

 

血縁者の毒具合も、いずれまとめたい。

自身の言い訳のためもあるし、私自身、毒血縁者に苦しめられた他の人のブログを読み漁ったことで救われたことがとても多かったと感じているから。

 

今でも、時々読むと救われる。

 

生きよう。死ぬまで。